2020/07/10 投稿

煙草を吸わない健康な方は非喫煙優良体を活用すべき

たばこを吸いない、健康な方であれば、非喫煙優良体という保険料を大幅に割引する料率がある生命保険を活用すべきです。
非喫煙優良体は、一般的な料率に比べ3割程度保険料が安くなります。(年齢性別によって異なります)

収入保障保険も、この非喫煙優良体料率のある保険会社を使えば、保険料は、さらに割安になります。

 

見直しのポイント2.医療保険

  1. 遺族年金がいくらくらい出るか調べる
  2. 遺族年金では足りない生活費を計算する
  3. 足りない生活費をカバーする収入保障保険を調べる
  4. 保険会社によって保険料は異なるので、なるべく安い保険会社を選ぶ
  5. もし、よくわからなかったらFP黒川事務所に問い合わせる

Mail y-kurokawa@fa-a.co.jp
電話 048-814-1390