2020/07/24 投稿

短期入院でも保障内容の良いものを選ぶ

入院の短期化で、入院給付金の受取り額が減少傾向にあります。
しかしながら、入院が短くても自宅で療養が必要で、仕事に復帰できず、収入が減少してしまう方も少なからずいらっしゃいます。
そこで、短期入院でも入院日数に関係なく、一時金がたくさん受け取れる医療保険の人気が高まっています。

新型コロナウィルスの感染拡大の際にも、多くの方が一時金の出る医療保険に加入される方が多くいらっしゃいました。
検討の価値ありです。

見直しのポイント

  1. 新型コロナウィルスの保障がしっかりしている保険会社を選択
    参考コラム: 保険の見直しによる家計の節約
  2. 収入に応じた自己負担額を確認
  3. 特約を絞る
  4. たばこを吸わない健康な方の料率を確認する
  5. 短期入院でも保障の手厚い医療保険も検討する
    参考コラム: 医療保険を見直す3つのポイント
  6. もし、よくわからなかったらFP黒川事務所に問い合わせる

Mail y-kurokawa@fa-a.co.jp
電話 048-814-1390