セミナー主催者様

旅行代理店T社
F様
黒川講師には会員向けセミナーを開催するようになった6年前から、毎月1回~3回セミナー講師をお願いして参りました。
弊社がお願いする講師は、人気がないとすぐに入れ替えるのですが、黒川講師は6年間ずっと人気があるのでお願いし続けています。
弊社の会員様は高齢な方が多いので、相続介護に関するセミナーは人気があります。単なる相続知識の提供をするセミナーは人気がありません。
しかしながら、黒川講師のセミナーは具体的な事例が多く、またユニークな相続介護対策をお伝えすることで参加者を飽きさせないことが人気の秘訣だと思われます。
弊社では、これからも会員様サービスの一環として、黒川講師にセミナーをお願いしたいと考えております。
葬儀社S社
K様
葬儀社では友引の日は葬儀を行いませんので、その日は葬儀場の施設見学会であります内覧会を開催します。内覧会にお客様に来てもらうための施策として、黒川先生に定期的に相続介護セミナーをお願いしています。
葬儀場でのセミナーのため、パワーポイントなどの設備は用意できませんが、黒川先生はホワイトボードだけで、楽しくてためになる相続介護セミナーを開催してくれるので本当に助かります。
セミナーの内容も、非常に分かりやすく、ためになると参加者に喜ばれております。また、お客様を集客する葬儀社のスタッフも、黒川先生の話が聞けるよ、と言ってお誘いができ、本当に助かると感謝されております。
高齢者に対する集客をお考えの企業や団体の方には、黒川先生のセミナーは非常に役に立つと思います。
住宅販売会社
Y様
住宅を購入したお客様向けのセミナーを定期的に集会場でお願いしております。住宅を購入して間もないご家庭が多いので、相続介護セミナーよりも、賢い老後資金の貯め方ですとか、賢い住宅ローンの返し方といったテーマの方がお客様は集まってくれます。
黒川先生は『お金の先生』として幅広いテーマで話してくれますので本当に助かります。定期的にセミナーを主催する側としましては、高齢者世帯から子育て世帯まで幅広いターゲットに喜んでいただけるセミナーをお任せすることができ、本当に助かっております。
老人介護・障害者福祉事業
Y様
老人介護、障害者福祉事業を地域密着で行っている会社です。地域住民の方向けに定期的にセミナーを開催しております。黒川先生は参加者に人気があるので何度も講師をお願いしております。
老人介護をされているご家庭も障害者がいらっしゃるご家庭も相続問題は深刻です。黒川先生は相続が発生した時に大きなトラブルにならないために準備しておく事をわかりやすく解説してくれます。
特に介護は、親族の誰が介護して、誰が介護しなかったかは、相続時に大きな揉め事に発展しやすいのです。仲の良かった親族が、それが原因で縁が切れてしまうこともあります。
人間は必ず亡くなりますので、相続は100%発生するものです。相続で争いにならないための方策を事前にセミナーで知っておくことは非常に大切なことだと思いました。

セミナー参加者様の声

セミナー参加者
N様
相続と介護が密接な関係があることに気づくことができて本当に良かったです。
また、そのための準備方法や対策も分かりやすく教えていただき、セミナーに参加して良かったです。
銀行や保険会社が主催するセミナーにも参加しましたが、相続の知識を教えてくれるだけで面白くなく、途中で寝てしまいました。
黒川先生のセミナーはあっという間に終わって、もう少しお話しが聞きたかったくらいです。
セミナー参加者
T様
我が家は父が他界し、一旦相続がありました。この時は母がいたので私と妹と3人への相続はスムーズに行われました。しかしながら、最近母が骨折により介護が必要となり、時間的に自由になる私が、母の介護を行っております。妹は会社員のため土日のわずかな時間だけ手伝ってくれます。
介護に関わる時間は圧倒的に私の方が多いのですが、妹はできる範囲で介護はしていると思っているようです。もし、このような状況で母が亡くなった場合に、母の相続財産を妹と折半するのであれば納得ができません。
こういったケースで、どのように事前準備をすれば良いのかを黒川先生のセミナーで聞くことができ、本当に良かったです。そして、セミナー終了後に個別に相談をさせていただき、具体的な準備が出来て安心しました。これからも、私を育ててくれた母の介護を全力で行って参ります
セミナー参加者
K様
主人は先に亡くなり、私は一人で自宅に住んでおります。娘は3人おりますが皆結婚して独立をいたしました。私は自宅には強い思い入れがあり、私が亡くなった後も娘の誰かにか、住んでもらいたいと熱望しております。
自宅は評価額で数千万円以上あり、3人のうちの娘の誰かが住んだ場合には、残りの2人の姉妹と相続分が大きく差が出来てしまい、争いになってしまう可能性があります。
このままでは、私が亡くなったあとに自宅を売却して、娘3人で現金で3等分する可能性が最も高くなることが予想されます。それだけは私はしたくありませんでした。
自宅を売却せずに3人の娘が争うことなく、誰かひとりを自宅に住まわせる方法を黒川先生からセミナーで教えていただきました。セミナー終了後に、個別相談で具体的な方法も教えていただき、娘3人が争うことなく、自宅が無事残る方法が明確になったことで、心から安心することができました。
セミナー参加者
M様
私には子供が4人おりますが、そのうちのひとりとは絶縁状態にあります。3人の子供は私たち夫婦をとても大切にしてくれており感謝しています。自分に万が一のことがあった場合に、絶縁状態の子供には、財産を相続したくありません。しかしながら、遺留分というものがあり、法定相続分の2分の1は渡さなければなりません。
この遺留分対策として、黒川先生のセミナーでそのやり方を教えていただき、非常に参考になりました。こんな方法があるんだとわかったことは、目からウロコでした。
セミナー参加者
S様
私は自営業をしております。私に万が一のことがあった時に、銀行からの多額の借入金が残っていた場合がとても心配でした。どちらかと言うと我が家の場合はプラスの財産の相続ではなく、マイナスの財産の相続が問題でした。
多額の借入金が残っていた場合は、相続財産を相続人が放棄すれば良い、という簡単な解決法では、遺された家族が不憫です。
実は、相続を放棄しても、一部の財産は受取ることができる方法があると黒川先生からセミナーで聞くことができました。セミナー終了後の個別相談で、早速対策を取ることができ安心しました。