年間100回以上のセミナー講師実績
リタイアメントセミナー講師 黒川 幸博

楽しく語るセミナーはリピーター多数!

黒川講師がもたらすセミナー効果

思わず『なるほど』のわかりやすい説明

相続税の支払いを抑えるために、生前贈与や相続財産を圧縮するために不動産を購入する相続対策は良いと思います。
しかしながら、もしあなたが介護状態になって多額の現金が必要になった場合を想定していますか?相続と介護をバランス良く準備する方法をわかりやすく説明致します。

同年代だからこその共感と納得

義母は86歳で要支援2で妻が毎週千葉の実家まで通って面倒を見ています。私の母は79歳で今は元気ですが、息子3人で娘がいないため、介護状態になったら私の妻に面倒を見て欲しいと今から話しています。
相続問題、介護問題に私も直面しており、その経験も踏まえ、相続と介護の対策をお伝えします。

人が人を呼ぶ集客力

主催者様の意向をしっかりと把握し、次に繋げるセミナーを得意としております。50代~70代のお客様のためになる相続・介護情報とその対策、解決策をお伝えすることで、定期的な集客が可能ですのでお声かけ下さい。
お客様サービスとして、またイベントの際の集客手段として、相続・介護セミナーをご活用頂ければ幸いです。

黒川 幸博

相続介護セミナー講師 黒川 幸博

相続と介護で困るご家庭をなくすことが私の使命

2015年1月に相続税法が改正され、それまで一部の資産家の方にしか課税されませんでした相続税が、ごく普通のご家庭にも課税されるようになりました。
相続税を支払いたくないという方が相続対策と称して、生前贈与を行ったり、不動産を購入して相続財産を圧縮する方が増えました。
私はファイナンシャルプランナーとして、自分が死んだ後の税金を心配するより、自分が介護状態になった時の資金の方が大切ではないかと感じていました。
そこで、相続対策ばかりを意識しがちな方たちに、介護の資金の準備もしておかなければならないということをセミナーを通じて訴えるようになりました。
相続対策で相続財産を圧縮したために、介護の時にお金が足りなくなったという人を出さないことが、私の使命となったのです。
老後資金は3つに分けて考えてください。老後生活資金、介護のための資金、相続対策資金です。この3つをバランスよく準備する方法をセミナーを通じてお伝えします。
相続と介護で困るご家庭をセミナーを通じてなくすことが私の使命です。

講師紹介へ

お金にまつわるお役立ち情報

マネープランコラム