講師実績多数!相続&家族信託セミナー講師 黒川幸博

家族に財産の管理を託す「家族信託」に関するセミナーを多数実施しています。

HOMEブログ ≫ 家族信託とは? ≫

家族信託とは?

講師
家族信託という言葉は、聞いたことはあるが、意味がよくわからないという方が多いと思います。認知症対策に家族信託を活用する方が多いです。理由は、被相続人が認知症になると財産が動かせなくなり、家族が困るケースが多く、家族信託契約を認知症になる前に結んでおけば、そういった状況を防ぐことができるからです。家族信託とは、『私の財産をあなたに託しますから、あの人のことを頼みます。』という契約です。私=委託者、あなた=受託者、あの人=受益者となります。例えば、母親名義のアパートがあり、その管理は全てお母様が行っているとします。もし、お母様が認知症になってしまいますと、アパートの管理は一切出来なくなります。長男がいた場合でも、入退去の手続きや修繕等、母親名義のアパートですので、長男が代行することは出来きません。こういった状況になっても対応できるのが家族信託です。母親=委託者、長男=受託者、母親=受益者として家族信託契約を結びます。アパート名義は母親から信託名義として長男に変更されます。この場合は信託名義の変更ですので贈与は発生しません。アパートの管理運営は長男に移りますが、家賃収入はすべて受益者である母親に入ります。アパートの管理は長男が行いますが、家賃収入は全て母親に入ります。そのため委託者である母親に不利益は発生しません。そして家族信託契約の中に、母親が死亡した場合には、アパートは長男に全て相続すると明記しておけば良いのです。この家族信託契約があれば、母親が途中で認知症になっても、母親も困りませんし、長男も困ることなくアパート管理ができます。認知症対策と相続対策の両方が同時に出来るのが家族信託契約と言えます。
2021年04月12日 08:47